この記事をシェアする

クレジット決済はネットショッピングには必要不可欠なサービス

どんな決済手段があるのか知ろう

買い物した代金を決済する手段はクレジッカード以外にも複数あります。

主な手段としてはクレジットカード決済、代金引換、後払い、銀行振込、コンビニ決済、電子マネー、携帯キャリア決済、ネットバンキングがあります。

売り上げを上げる為、お客様のニーズに合わせる為にもこれらの決済手段が全て用意できれば良いとは思いますが、これらの処理作業を個人でするのは、相当大変なことが想像できますね。
金銭に関わる事に不備などがあるとお客様の信用を失いかねませんし、代金を頂きそびれると赤字になってしまいます。

決済代行サービスにこれらの主な決済手段に対応しているので、自分で処理を行うよりも依頼してしまった方が安全で確実だと言えるでしょう。

一般的にも決済を代行業者に依頼するのが主流のようです。

主な決済手段の特徴について

導入の検討の為にも、それぞれの決済手段の特徴も知っておきましょう。

クレジットカード決済は手間が少なく、カードの情報を入力すればすぐに決済に進むことが出来ます。

代金引換は商品を受け取る際に運送会社に代金を支払いますが、基本的に商品代金や送料とは別に代金引換料金も発生します。

後払いは商品到着時に振込用紙も届くのでコンビニ等で支払う事ができます。

銀行振込は、商品購入の取引の際に口座番号を知らせて来るので、そちらに直接代金を振り込みます。

コンビニ決済は決済手続きの際に、代金を支払うコンビニに合わせた決済番号が発行されるので、レジで手続きをし代金を支払います。

電子マネーはあらかじめチャージをしておくと支払い時にそこから支払われます。

携帯キャリア決済は、通話料の引き落としの際に一緒に代金を支払うシステムです。

ネットバンキングはインターネット上の銀行同士のやり取りで振り込みをす
る手段です。